コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

研究員紹介

創発戦略センター
エクスパート

三輪 泰史

Yasufumi Miwa

研究・専門分野

農業再生による地域活性化、IoTやAI等を活用した先進農業技術の事業化・導入支援、IoTの社会実装支援、農業参入・農業関連新規事業の支援、農業ビジネスの海外展開支援、高付加価値農産物のブランディング確立と流通改革

注力テーマ

アグリカルチャー4.0(農業IoT、スマート農業)、日本式農業の海外展開(Made with Japanモデル)

所属学会

日本農業経済学会

経歴

2002年 東京大学農学部国際開発農学専修卒業
2004年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻修士課程修了
同年 日本総合研究所入社
2008年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻博士課程単位取得退学


活動実績

プロジェクト

・DONKEY開発コンソーシアムの運営(2017年度~)
・中国・ASEANにおける日本式農業プロジェクト(2010年度~)
・次世代農業コンソーシアムの運営(2008年度~2010年度)
・バイオネットコンソーシアムの運営、合同会社バイオガスネットジャパンの立ち上げ(2006年度~2008年度)
・MATICSコンソーシアムの運営(2004年度~2006年度)
・農業を軸とした地域再生コンサルティング、調査
・農産物の海外輸出・ブランド構築支援コンサルティング、調査
・農業・食品産業分野におけるファンド組成、金融商品開発の支援、コンサルティング

書籍

IoTが拓く次世代農業-アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹)
2016年10月/日刊工業新聞社

次世代農業ビジネス経営 成功のための“付加価値戦略"
2015年11月/日刊工業新聞社

植物工場経営 -明暗をわける戦略とビジネスモデル(井熊均・三輪泰史)
2014年12月/日刊工業新聞社

グローバル農業ビジネス(井熊均・三輪泰史)
2011年/日刊工業新聞社

なぜ、日本の水ビジネスは世界で勝てないのか―成長市場に挑む日本の戦略(共著)
2011年/日刊工業新聞社

図解 次世代農業ビジネス―逆境をチャンスに変える新たな農業モデル(井熊均・三輪泰史編)
2009年/日刊工業新聞社

甦る農業―セミプレミアム農産物と流通改革が農業を救う(井熊均・三輪泰史編)
2009年/学陽書房

よくわかる最新バイオ燃料の基本と仕組み(共著)
2008年/秀和システム

執筆論文・記事


災害と地域農業の難しい関係性
2018年8月/山陰経済ウィークリー(連載第11弾)

魚沼産コシヒカリの特A陥落で始まる“コメ戦国時代”
2018年6月/山陰経済ウィークリー(連載第10弾)

ホルスタインから和牛が産まれる!?~畜産・酪農最前線~
2018年5月/山陰経済ウィークリー(連載第9弾)

ドローンで”匠の技”の生育管理、「見ているだけでいい」トラクター
2018年4月/週刊エコノミスト

「もぐもぐタイム」が警鐘を鳴らす日本の農業知的財産戦略
2018年3月/山陰経済ウィークリー(連載第8弾)

地域農産物ブランドを後押しする地理的表示(GI)保護制度
2018年2月/山陰経済ウィークリー(連載第7弾)

日本総研・三輪泰史氏に聞く 『進む農業の規制改革やスマート化~見える化で金融サービス展開拡大~』
2017年12月/金融ジャーナル12月号

減反廃止で「儲かるコメビジネス」が拡大する
2017年12月/山陰経済ウィークリー(連載第6弾)

「農業でなにができるか」がトレンドに
2017年11月/日経ビジネス11月27日号

農業者の”匠の眼”となる農業用ドローン
2017年11月/山陰経済ウィークリー(連載第5弾)

ICT/IoT/AIの有効活用による農業ビジネス支援
2017年10月/きんざいフィナンシャルプラン

地域の文化と魅力を収益に変える「伝統野菜ビジネス」
2017年9月/山陰経済ウィークリー(連載第4弾)

アグリテックをめぐるスタートアップ企業を中心とした最近の動向
2017年10月/日経新聞

日本農業の未来は明るい!IoTが切り拓く新たな可能性
2017年10月/マイナビ農業「NEXT AGRI PROJECT」

スマート農業技術の活用で農業を真の成長産業へ
2017年10月/地銀協月報

農業経営を見える化する「農業ICTシステム」
2017年8月/山陰経済ウィークリー(連載第3弾)

地方創生のトリガーとしての農業活性化
2017年8月/銀行法務21

守りから攻めへ。大胆な改革で今こそ農業を儲かる産業に
2017年8月/週刊エコノミスト

グローバル市場で稼ぐ「農産物輸出」
2017年6月/山陰経済ウィークリー(連載第2弾)

IoTで農業を魅力ある産業に
2017年6月/日刊工業新聞

AgriTech 先端技術を駆使して「儲かる農業」へ
2017年6月/日経BPムック「人工知能 & IoTビジネス 実践編」

企業の農業参入が先導する新たな「儲かる農業」
2017年5月/山陰経済ウィークリー(連載第1弾)

ICTを活用したスマート農業
2017年4月/「稼げる農業―AIと人材がここまで変える―」(日経ビジネス編)

栽培力と経営力のある魅力的農業ビジネス
2016年5月/AFCフォーラム 2016年5月号

どうなった!? 重要5品目 日本政府が守った「聖域」 酪農・畜産業は影響懸念
2015年12月/エコノミスト

儲かる農業ビジネスのための競争力ある高付加価値農産物の開発・商業化
2015年10月/研究開発リーダー

植物工場の課題 まだ大半の事業者が赤字 味や機能性の追求が不可欠(対談記事)
2015年8月/日経エコロジー

農作物のブランド化戦略
2015年7月/農耕と園芸

オランダ農業に学ぶ 資金力や経営ノウハウ不可欠 日本型の追求で勝てる産業に
2015年1月/日経エコロジー

オランダ農業の競争力強化戦略を踏まえた日本農業の活性化策
2014年/JRIレビュー Vol.5,No.15

その他活動実績

「クローズアップ現代」、「NHKスペシャル」 、「“おいしい”がニッポンを救う」、「特報フロンティア」、「うまいッ!」、「金曜イチから」、「ナビゲーション」、「特報首都圏」、「関西熱視線」、「フェイス」、「クローズアップ東北」、「NEWS WEB」、「食・農・ミライスペシャル」、「“食”が変わればミライが変わる!」(NHK)、 「プライムニュース」、「新報道2001」(フジテレビ)、「News Fine」、「E-morning」、「Mプラス Express 」、「Closing Bell」(テレビ東京)など等、多くの番組にてゲストコメンテーターを歴任


政府委員、外部活動等

  • 農林水産省委員[食料・農業・農村政策審議会委員、同審議会畜産部会長・企画部会長代理、甘味資源部会長代理、食料生産地域再生のための先端技術展開事業(先端プロ)有識者委員、今後の委託プロジェクト研究に係る研究戦略検討会有識者委員等]
  • 内閣府委員[戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)推進委員会サブPD、戦略検討WG有識者委員]
  • アグロイノベーション委員
  • 農学アカデミー委員
  • アグリビジネスジャパン委員等を歴任

コメント

日本農業は世界トップレベルの農産物を栽培する実力を持っているにも関わらず、収益の伴わない斜陽産業と位置付けられてきました。日本農業が持続的に発展するためには「儲かる農業」への変革が欠かせません。そのような観点から、法人化や農業参入の促進、先端技術の導入、海外展開といった取り組みを続けてきました。近年は、「IoT等を駆使して農業従事者みなが儲かる農業モデル=『アグリカルチャー4.0』」という独自の新たな概念を提唱し、政策提言や成功モデルの立ち上げに取り組んでいます。


研究員のコラム・レポート

2018年01月04日
2017年04月11日
2016年11月22日
2016年10月25日
2016年06月28日
2016年05月24日
2015年12月08日
2015年07月01日
2014年11月04日
2014年04月16日
2014年03月25日
2013年10月01日
2013年01月06日
2013年01月04日
2012年01月11日
2010年11月01日
2010年08月03日
2010年02月25日
2009年11月02日
2009年09月25日
研究員紹介

五十音からさがす

部門からさがす