コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

経営改革

収益力強化

企業価値向上の根底は収益力の強化にあり

低成長時代において企業業績が大きく落ち込む中、企業再生に向けての課題はその様相が異なりつつあります。従来の不況期の企業再生はバランスシートの改善、つまり不良資産や過剰負債の処理に課題がありましたが、近年では収益力をいかに強化するかに課題がシフトしています。つまり、ビジネスモデルを分析し、売上を確保しながらコスト効率を目指すという地道な取り組みが必要になっているのです。
日本総研では、これらの取り組みを支援しつつ、場合によってはビジネスモデルを大きく変革することも含めた実行力のある支援を行っています。

主要サービス

営業力強化による収益改善

 効率的な営業を行うことで収益力の改善を図ります。
 自社商品の特性の再確認、競合調査による市場でのポジショニングの把握、既存の販売チャネル・想定される販売チャネルおよび各チャネルにおける最終消費者のニーズの変化を把握し、営業手法の再構築を行います。合わせて営業活動を計測する指標を設定し、営業効率を測定します。

    生産性向上のための業務・収益改善支援

     企業環境変化により収益力強化が命題となる一方、労基法の規制強化・働き方改革推進等により、企業の生産性向上は待ったなしの状況です。生産性向上には、業務改善と収益改善の両輪を回すことが欠かせません。例えば、業務が効率化されて生み出された時間を活用し、QCDや営業力を高める取り組みが必要です。ただし、理屈は分かっていてもうまくいかないケースも散見されます。その要因として、部分的な改善に留まっていることが多く挙げられます。企業を俯瞰して全体最適で見ることなしには、本質的な改善にはつながりません。日本総研は、第三者の立場で、業務や収益構造の実態を全社的に捉え、実効性のある改善提案および実行を支援します。

    コンサルティングサービス
    (業務別)

    経営戦略・事業戦略

    グループ経営、M&A戦略

    財務戦略

    経営改革

    マーケティング・営業力強化

    新規事業開発

    中堅・中小企業/オーナー経営支援

    業務改革・IT

    技術戦略・イノベーション

    サステナビリティ経営

    人事・組織・人材開発

    サービスに関する
    お問い合わせ