コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

サステナビリティ経営

TCFD対応

事業戦略案件での知見・実績を背景としたTCFD全般に関する支援を実施。また、TCFDをベースに企業経営への気候変動要素の組み入れを支援

企業の気候関連リスク・機会の情報開示への関心が高まるなか、金融安定理事会(FSB)は2015年12月に気候変動に関する財務情報開示タスクフォース(TCFD)を設立しました。現在では、TCFDが2017年6月に公表した、投資家向けの気候関連情報開示のあり方を示すTCFD提言に沿って、多くの企業が情報開示に取り組んでいます。
日本総研では、気候変動に関するシナリオ分析だけでなく、「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」に関する支援を行うことで、TCFDで求められる情報開示を推進します。また、TCFD対応のための組織体制構築等も行います。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

サステナビリティ経営

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ