コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

サステナビリティ経営

統合報告書/サステナビリティレポート作成支援

ステークホルダーからの信頼を得るシンプルかつ分かりやすい統合報告

気候変動等、多くの社会課題が顕在化している今の時代における企業経営には、マルチステークホルダーに対して財務的な視点と非財務的な視点の双方を考慮した統合報告が求められます。統合報告のポイントは、財務資本と非財務資本で構成される投下資本に対し、会社のビジネスモデルから経済的価値と社会的価値をいかに創出するか、といった価値創造ストーリーに基づきながら、企業のあるべき姿をシンプルかつ分かりやすく開示することにあります。
日本総研は、ESG/SDGs経営実現に向けた価値創造ストーリーの観点に基づき、マルチステークホルダーに対してシンプルで分かりやすい統合報告の作成を支援します。

主要サービス

統合報告書作成支援

日本総研は、価値創造ストーリーに基づいた目次構成、IIRC(国際統合報告委員会)に準拠したシンプルで分かりやすい統合報告書の作成を支援します。加えて、ESGやSDGsに熟知したコンサルタントがトップインタビューの聞き手となることで、トップコミットメントや今後のサステナブルな経営の実現に向けたキーワードの導出が可能な点も特徴です。

    ステークホルダーダイアログ支援

    企業経営において適切な情報開示が求められる昨今、統合報告に加え、ステークホルダーステークホルダーからの理解を深めていく活動として、ステークホルダーダイアログが注目されるようになりました。ステークホルダーはESG投資家だけでなく、従業員、顧客、地域社会も含まれており、彼らと継続的なコミュニケーションを行い、それら活動の結果を発信するステークホルダーダイアログは、企業ブランディングにも通じる重要な活動です。
    日本総研では、ステークホルダーダイアログにおいて、誰と、どのような内容を議論し、どのように情報開示すべきかの企画から情報開示支援まで、ワンストップで支援します。

      コンサルティングサービス
      (業務別)

      経営戦略・事業戦略

      グループ経営、M&A戦略

      財務戦略

      経営改革

      マーケティング・営業力強化

      新規事業開発

      中堅・中小企業/オーナー経営支援

      業務改革・IT

      技術戦略・イノベーション

      サステナビリティ経営

      人事・組織・人材開発

      サービスに関する
      お問い合わせ