コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

サステナビリティ経営

ESG/SDGs経営レベル評価

ESG/SDGs経営実現に向けて「できていること」「できていないこと」を診断して課題を把握、実行計画の策定へ

日本企業はかねてからCSRの文脈で社会性を発揮しており、企業経営に必要な環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)への対応、SDGsに代表される社会課題への貢献は一定程度できています。しかし、それらの取り組みをESGやSDGsの文脈では整理していない企業がほとんどです。マルチステークホルダーに対してESGやSDGsの取り組みを適切に開示するためにも、今、何ができていて、何ができていないのか、そして、今後何をしなければいけないのか、を明らかにする必要があります。日本総研は、独自指標を用いて取り組みの評価を行い、ESG/SDGsにおける課題とその解決策の導出、実行計画の策定を支援します。

主要サービス

ESG/SDGs課題の棚卸しと課題解決策の導出

「ESGやSDGsへの対応が必要と昨今よく言われるが、何から始めれば分からない」「そもそもCSRと何が違うのか」と悩む組織は少なくありません。まずは自分たちの会社のこれまでの活動の棚卸しを行い、できていること、やらなければならないことを整理する必要があります。
日本総研では、独自指標を用いて取り組みの評価を行い、ESG/SDGsにおける課題と課題解決策の導出、実行計画の策定を支援します。

    ESG評価向上支援

    自社が実施しているESG関連の取り組みは、投資家をはじめとする重要なステークホルダーの要請に合わせて開示していくことが欠かせません。
    日本総研では、ESG評価支援における多数の実績を背景に、FTSEやMSCI、DJSIといったESG評価の向上を図るとともに、本質的なESG経営を推進させるための、現状の課題とその解決策の導出、実行計画の策定を支援します。

      コンサルティングサービス
      (業務別)

      経営戦略・事業戦略

      グループ経営、M&A戦略

      財務戦略

      経営改革

      マーケティング・営業力強化

      新規事業開発

      中堅・中小企業/オーナー経営支援

      業務改革・IT

      技術戦略・イノベーション

      サステナビリティ経営

      人事・組織・人材開発

      サービスに関する
      お問い合わせ