コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

官公庁・外郭団体

未来政策形成とパフォーマンス評価

未来洞察(フォーサイト+バックキャスティング)手法による政策デザインの支援

VUCAの時代において、自治体が地域特性を踏まえた独自の政策をデザインするには、未来の外的環境変化を自ら予見し、未来の課題に対する適切な施策を検討するアプローチが不可欠です。
また、持続性や一貫性が求められる自治体の政策展開には、予見から施策の効果測定までのプロセスを評価しながら政策を効果的にしていく、科学的根拠に基づいた政策形成・管理が重要です。
日本総研は、産官学の支援で培ってきた未来洞察手法を活用し、環境変化の予見と施策オプションの導出・設計、職員・市民ワークショップのファシリテーションの支援、政策形成から成果までのプロセスのEBPM手法による評価を通じ、効果的な政策デザインを支援します。

主要サービス

未来政策年表作成支援

2030~2050年の自治体を取り巻く未来変化と自治体の長期の未来像を洞察し、バックキャスティングによる自治体のリスクや機会を導出した上で、リスクや機会に対応して自治体・企業・市民が行うべきことを、「自治体ならではの未来年表」の形式で整理・検討します。
未来年表作成を通して、政策ネットワークを形成する人々同士が未来を思考するプロセスを共有し、アウトプットを可視化することにより、関係者が未来の共通言語を獲得することや、職員が市民とともに自治体の未来を自ら創造していくマインドセットを醸成することが期待できます。

地域の特徴・個性を踏まえた総合計画・総合戦略策定および効果的な政策形成に資する基礎情報の整理・分析・レビュー

2030~2050年の政治、経済、社会、技術の変化を、各分野の有識者・専門家へのヒアリング、国内外のフォーサイトの先進的取り組みの調査などを通して分析・整理します。例えば、企業・市民の価値観やライフスタイルの変化を予測し具体像を描写した上で、バックキャスティングによる自治体の政策案の洗い出しと構想化・戦略化をします。
蓋然性の高い未来事実を基に未来の変化を描き、バックキャスティングで政策案を考えることにより、想定外の驚きはなくとも手触り感がある、地域に関わるアクターが共有・納得しやすい自治体の未来のリスクと機会を導出することが期待できます。

自治体の政策パフォーマンス向上に資するEBPM導入と政策ネットワーク設計・管理手法高度化支援

2030~2050年の自治体を取り巻く変化と長期の未来像を洞察し、バックキャスティングによる検討すべき政策領域や課題・機会領域を探索し、整理します。政策・施策・事業の効果測定・検証の前提となる、政策のアウトカム発現に至るまでのロジックモデル・効果測定手法の検討、政策のトライアル実施による効果検証(RCT手法)・分析、政策実施後の効果検証・フィードバック、施策・事業への反映による改善に向けた論点整理を行います。
政策形成から実施までのEBPM導入による政策形成能力向上と、住民満足度を軸にした定量的な政策評価の導入による政策の質向上が期待できます。

コンサルティングサービス
(産業別)

農業・食品

建設・不動産

医療・介護・ヘルスケア

ものづくり

環境・エネルギー・資源

情報・通信

運輸

流通

金融ビジネス

教育

官公庁・外郭団体

その他

サービスに関する
お問い合わせ