コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

環境・エネルギー・資源

環境・エネルギー・資源分野におけるM&A・デューデリジェンス

深い業界知見に基づき、M&Aに係る迅速な意思決定を支援

国内の環境・エネルギー・資源分野は、政府が掲げる「日本再興戦略」等においても、60年ぶりの岩盤規制改革(電気事業法改正等)によって、日本の成長を牽引する「成長市場」になるものと位置付けられており、M&Aの動向が活発化しています。
一方、M&Aを成功させるためには、的確なデューデリジェンスと、迅速な意思決定のためのスピーディーな対応が必要になります。
日本総研は、環境・エネルギー・資源分野に関する深い業界知見に基づき、精緻なデューデリジェンスを、スピード感を持って提供することが可能です。

主要サービス

環境・エネルギー分野のM&A・デューデリジェンス

 日本総研は、環境・エネルギー・資源分野に関する深い業界知見に基づき、精緻なデューデリジェンスをスピーディーに提供すると共に、業界の垣根を超えた各種アライアンスを推進する支援を行っています。特に、電力(新電力、エネルギートレーダー等)、再生可能エネルギー(個別発電所、再生可能エネルギー開発事業者等)、都市ガス・LPガス、イノベーター(プラットフォーマー、アグリゲーター、VPP等)、水ビジネス、廃棄物処理、リサイクルといった領域に、知見・実績を有しています。

    コンサルティングサービス
    (産業別)

    農業・食品

    建設・不動産

    医療・介護・ヘルスケア

    ものづくり

    環境・エネルギー・資源

    情報・通信

    運輸

    流通

    金融ビジネス

    教育

    官公庁・外郭団体

    その他

    サービスに関する
    お問い合わせ