コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

リサーチ・アイ No.2021-003

2021年夏季賞与の見通し ― 新型コロナの影響長期化で一人当たり支給額がマイナスに ―

2021年04月08日 小方尚子


今夏の賞与を展望すると、民間企業の一人当たり支給額は前年比▲3.2 %と、夏季賞与としては、2年ぶりのマイナスとなる見込み。

背景には、2020 年度下期の企業収益の低迷。経常利益は、 2020 年 10 12 月期に前年比▲0.7 %減に。製造業は同 7.0 %と 10 四半期ぶりのプラスを確保したものの、 2020 年春先にかけての大幅な落ち込みからの回復としては限定的。非製造業は同▲7.6 %と減少幅は縮小したものの、外出自粛に伴う国内消費の冷え込みが業況を直撃する構図が長期化。春闘賃上げ率が2013年度以来の2%割れとなるなか、賞与額のベースとなる所定内給与(基本給)の伸びも鈍化。

新型コロナの賞与への影響は、既に顕在化。昨年の賞与は、大企業 において一人当たり賞与額の削減、小企業において支給の見送り(支給対象人数の削減)を主因に減少。業種別では、飲食サービス、生活関連サービス、運輸・郵便(旅客輸送)が大幅な落ち込みに。

こうした傾向は今夏も続き、賞与支給 総額は、 同 ▲ 4.1 %の減少となる見込み。一人当たり支給額に加え、支給対象者数の減少も続く見込み。新型コロナの感染拡大前 に 2020 年度の支給額が決まっていた大企業では、今夏から新型コロナの影響が本格化。

一方、国家公務員は、支給月数の引き下げ(▲0.025 月分)と平均年齢の低下等に伴い、同▲2.2 %の減少となる見込み。
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ