コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

リサーチ・アイ No.2022-006

高インフレにもかかわらず好調な米国消費 ―資産効果と過剰貯蓄が下支え―

2022年04月27日 井上肇


米国では、高インフレで購買力が低下しているにもかかわらず、個人消費は好調。今年1~2月には実質可処分所得が前年比マイナスに転じたにもかかわらず、実質個人消費は増加を維持。資源価格が一段と上昇した3月以降も、娯楽・飲食・宿泊などの対面型サービス消費が回復のけん引役に。

個人消費が好調な背景として、次の2点が購買力の下振れを相殺している可能性。第1に、資産効果。家計が保有する株式・不動産の含み益は増加を続けており、コロナ前と比べて20兆ドル近く拡大。

第2に、過剰貯蓄。試算によれば、コロナ禍で実施された現金給付や失業給付等を主因に、家計の過剰貯蓄額は2兆ドル超。今後、高インフレが持続しても、過剰貯蓄の取り崩しで、来年末頃まで現在の支出増加ペースを続けられる見込み。そのため、インフレで米国個人消費が失速するリスクは小。


(全文は上部の「PDFダウンロード」ボタンからご覧いただけます)
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

調査部Twitter

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ