コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

リサーチ・フォーカス No.2020-032

活発化する欧米銀行セクターにおける統合・再編 ― 米大手地銀PNCによるスペイン大手行BBVAの米国事業買収 ―

2020年12月14日 谷口栄治


本年11 月16 日、米大手地銀PNC が、スペイン大手行BBVA の米国子会社を買収すると発表。統合によりPNC は、総資産額で大手米銀4行に次ぐ全米5位、国内最大の地銀になる見込み。またBBVA は、スペイン国内の競合行Banco de Sabadell との統合交渉を行ったものの決裂。

PNC によるBBVA 米国事業の買収、ならびにその後のBBVA とSabadell の統合交渉は、①米国における規模拡大を企図した銀行統合の進展、②欧銀による米国マーケットからの撤退、③欧州における収益性改善を企図した統合の進展、といった3つのトレンドを如実に示す事例。具体的には以下の通り。

まず米国では、トランプ政権下での金融規制緩和等もあり、大手地銀による経営統合が相次いでいる。昨年2月のBB&T Corporation とSunTrust Banksの統合(新会社としてTruist Financial Corporation を設立)やPNC によるBBVA の米事業買収は、米国での規模拡大を主眼に置いたもの。

一方の欧銀は、厳しい経営環境が続くなか、海外事業の見直しを推進。米国ビジネスについても、直近でHSBC による米リテールビジネスからの完全撤退が報じられるなど、縮小の動きが広がっている。

欧州域内では、生き残りをかけた合従連衡の機運が高まる。本年入り後も、スペインのCaixa Bank とBankia、イタリアのIntesa Sanpaolo とUBI Bancaといった統合事例があるほか、報道ベースでは様々な観測がくすぶる状況。

わが国でも低金利環境の常態化など、金融機関が厳しい経営環境にあるなか、地銀再編がホットイシューに。本邦金融機関、ならびに金融当局としては、欧米銀行セクターにおける統合・再編の動きを注視しつつ、こうした統合の効果等について検証し、自らの活動に活かしていく必要あり。

活発化する欧米銀行セクターにおける統合・再編 ―米大手地銀PNCによるスペイン大手行BBVAの米国事業買収―(PDF:929KB)
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

調査部Twitter

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ