コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

国際戦略研究所 研究員レポート

【中国情勢月報】中国は「内憂外患」を克服できるか

2020年06月25日 副理事長 高橋邦夫


時計の針を少し元に戻して見よう。昨年の大みそか、習近平・総書記は恒例の国民向けの「新年賀詞」をテレビで発表し、2020年を「里程標としての意義を有する年」であると位置づけ、①全面的に小康社会を建設し、第1の百年の奮闘目標を実現する年(注1)、②貧困脱却の戦いで必勝しなければならない年(注2)、とした。

それから僅か20日、1月21日付『人民日報』が第1面トップで、習近平総書記が新型コロナウイルス感染状況に関して重要指示を発出したと報じた。その後の新型コロナの中国国内での感染拡大、更には世界中への拡大は今更言うまでもない。

その重要指示発出から4カ月、世界の多くの国々が未だ新型コロナ感染に苦しむ中、中国は当初の感染拡大の中心・武漢市の「封鎖」などを通じていち早く感染を抑え込み、5月22日には約2カ月半遅れで、今年の「全国人民代表大会(全人代)」を開催した。

この小論では、今年の全人代を通じて明らかになった中国が直面する「内憂外患」について考えてみたい。

【中国情勢月報】中国は「内憂外患」を克服できるか(PDF:602KB)
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ