コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

リサーチ・レポート No.2019-015

【欧州経済見通し】欧州経済は緩やかに持ち直し~貿易摩擦やBrexitで力強い回復は望めず~

2019年12月03日 高野蒼太藤山光雄


欧州経済は、2020年入り後、中国景気の減速一服や、Brexit・米中貿易戦争への懸念の後退などから、海外景気が持ち直しに転じ、製造業が回復に向かう見込み。ただし、環境規制の強化が自動車産業の足枷となるほか、英国・米国との通商関係をめぐる不透明感がくすぶり続けるため、製造業の力強い回復は期待薄。一方、良好な雇用・所得環境を背景に、個人消費は底堅く推移する見通し。また、政治をめぐる先行き不透明感の緩和が、フランスやイタリアの個人消費拡大の追い風に。

加えて、拡張的な財政政策がユーロ圏景気の下支えに寄与する見込み。財政拡大余地の大きさや緩慢な景気回復ペースなどを踏まえ、ドイツでは、対GDP比0.5%程度の追加的な財政出動が行われると想定。ECBの緩和的な金融政策も、ユーロ圏景気の回復を後押し。マイナス金利などによる銀行の金融仲介機能の低下に対する懸念は残るものの、家計や企業にとっては良好な資金調達環境が持続。政府部門の利払い負担の低減は、ユーロ圏各国の財政拡大の追い風に。

一方、英国は、2020年1月末に「合意あり離脱」に至ると予想。もっとも、EUや第三国との新たな貿易協定をめぐる交渉は難航する公算が大きく、新たな通商関係の全体像を見通せない不透明感が、引き続き英国経済の重石に。さらに、Brexitによる移民や海外からの投資の減少が、中期的に英国経済の成長力を毀損。

以上を踏まえ、景気の先行きを展望すると、ユーロ圏では、個人消費が底堅く推移するなか、製造業が持ち直しに転じ、景気は回復軌道へ。ただし、製造業の力強い回復は期待し難く、成長ペースは1%台前半にとどまる見込み。英国では、Brexitをめぐる先行き不透明感が引き続き景気の重石となり、1%台前半の低成長が続く見通し。

リスクシナリオとしては、米国発の貿易摩擦の激化による製造業の低迷長期化や、中東情勢の緊迫化による原油価格の急騰が、景気の下支え役である個人消費の腰折れを招く展開を想定。また、EUとトルコの関係が悪化し、トルコによる難民抑制策が機能不全に陥れば、再び欧州に多くの難民が流入する恐れ。

【欧州経済見通し】欧州経済は緩やかに持ち直し~貿易摩擦やBrexitで力強い回復は望めず~(PDF:634KB)
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ