コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

リサーチ・アイ No.2019-032

2019年7~9月期GDP予測~消費増税前の駆け込み需要は小さく前期比年率+0.7%成長~

2019年10月31日 成瀬道紀


2019年7~9月期の実質GDPは前期比年率+0.7%(前期比+0.2%)と、4四半期連続のプラス成長となった見込み。在庫調整や訪日韓国人客の減少などが下押しに作用したものの、消費増税前の駆け込み需要が押し上げに寄与。

①個人消費(前期比年率+2.5%、前期比+0.6%)
2四半期連続の増加で、改元に伴う10連休効果で押し上げられた4~6月期に続く高めの伸び。とりわけ9月に家電や自動車などを中心に消費増税前の駆け込み需要が拡大。もっとも、前回増税時(2014年1~3月期)に比べると駆け込みは小幅。
②設備投資(前期比年率+8.7%、前期比+2.1%)
2四半期連続の増加。機械投資で9月に一部で駆け込み的な動きがみられたほか、ソフトウェア投資や研究開発なども堅調に増加。
③在庫投資(前期比年率寄与度▲2.1%ポイント、前期比寄与度▲0.5%ポイント)
輸出低迷で増加していた製造業の在庫調整が進んだほか、駆け込み需要に伴う販売増加を受けて卸小売業の流通在庫も減少。
④公共投資(前期比年率+5.4%、前期比+1.3%)
3四半期連続の増加。災害復興・防災関連などを中心とした2018年度補正予算や2019年度予算の執行が本格化。
⑤外需(前期比年率寄与度▲0.2%ポイント、前期比寄与度▲0.0%ポイント)
輸出は前期比年率+0.2%の増加。財輸出は電子部品などを中心に底入れした一方、訪日韓国人客の減少を受けてサービス輸出が減少したため、全体ではほぼ横這い。輸入は消費の拡大などを背景に同+1.2%と増加。この結果、外需はマイナス寄与に。

10~12月期を展望すると、消費増税に伴う駆け込み需要の反動減に加え、台風19号などの自然災害が消費と生産の重石となり、5四半期ぶりのマイナス成長となる見込み。もっとも、良好な雇用・所得環境や高水準の企業収益を背景とした内需主導の景気回復基調は途切れておらず、マイナス成長は一時的にとどまると予想。

2019年7~9月期GDP予測~消費増税前の駆け込み需要は小さく前期比年率+0.7%成長~(PDF:378KB)
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

調査部Twitter

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ