コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経済・政策レポート

高橋進の主張

フロンティアは内にあり

2019年12月6日

国内市場の伸びが期待できない中、日本企業は海外市場の開拓や外国企業の買収に地道を挙げている。その戦略自体は間違っていない。しかし、世界経済の先行き不透明感が増すもとで、国内市場にもっと目を向けるべき時である。

日本企業が第4次産業革命の波の乗ってイノベーションを成し遂げ、新商品やサービスを生み出していくためには、IT投資や研究開発投資を増やすだけでは不十分である。同時に、業務の進め方や雇用システムを改革し、経営の質を上げていくことで、組織をイノベーションを生み出しやすい体質に変えていくことが求められる。

企業にとってももう一つの取り組み課題である働き方改革についても同じことがいえる。働き方改革のゴールは、長時間労働を是正することではない。組織のあり方を変えることで生産性を向上させ、人材の活用を進めることで付加価値力を上げることが、究極の目的である。残業を減らしても、他方で追加で人員が必要になるようでは、正しい働き方改革とは言えない。会議を効率化する、テレワークを導入するなど、業務のあり方にまで踏み込んだ改革を進めることで、組織が変わっていく。

日本企業にとって、フロンティア、すなわち付加価値の源泉は、海外でなく国内に、企業の外にではなく企業の内部にある。

チェアマン・エメリタス(名誉理事長)
高橋 進 Susumu Takahashi

経歴

  • 1976年一橋大学経済学部卒業
  • 1976年 ㈱住友銀行(現三井住友銀行)入行
  • 1990年 ㈱日本総合研究所調査部主任研究員出向
  • 1996年 同 調査部長/チーフエコノミスト
  • 2004年 同 理事
  • 2005年 内閣府政策統括官(経済財政分析担当)
  • 2007年 ㈱日本総合研究所へ副理事長として復帰
  • 2011年 同 理事長
  • 2018年 同 チェアマン・エメリタス(名誉理事長)就任(現在に至る)

政府職務等

  • 内閣府 規制改革推進会議 委員 兼 議長代理(現在に至る)
  • 内閣府 休眠預金等活用審議会 委員 兼 会長(現在に至る)
  • 内閣府 沖縄振興審議会 委員 兼 会長(現在に至る)
  • 出入国在留管理庁 出入国管理政策懇談会委員(現在に至る)
  • 横浜市 専門委員、新たな劇場検討委員会 委員 兼 委員長(現在に至る)
  • 内閣府 経済財政諮問会議議員(2013.1 ~2019.1)
  • 内閣官房 一億総活躍国民会議議員
  • 内閣官房 働き方改革実現会議議員
  • 内閣官房 人生100年時代構想会議議員
  • 内閣府 宇宙産業振興小委員会 委員 兼 座長
  • 内閣府 パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会、等
  • 法務省 外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策に関する検討会、「国民の声」を聴く会議、等

メディア出演(TV・講演)

2019年
  • 12月8日(日)13:05~13:55 一橋大学・東京工業大学合同移動講座 於 名古屋マリオットアソシアホテル
  • 12月20日(金)17:00~18:00 日経企業立地フォーラム 於 日経カンファレンスホール

著書

  • 『ワールドビジネスサテライト 再生ニッポン』(2008年8月共著)日経ビジネス人文庫

過去の定期執筆

  • 日本経済新聞月曜朝刊「週目点」
  • Nikkei Net「BizPlus」
  • 産経新聞「紙面批評」
  • SMBC日興証券ホームページ「高橋進の経済コラム」
  • 日本商工会議所「石垣」「高橋進の経済ナビ」、等
経済・政策レポート
経済・政策レポート一覧

テーマ別

経済分析・政策提言

景気・相場展望

論文

スペシャルコラム

経済・政策情報
メールマガジン

レポートに関する
お問い合わせ