コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経営コラム

オピニオン

【IT動向リサーチ】
ブレインテックの最新動向2022

2022年04月15日 先端技術ラボ 西下慧、間瀬英之


本レポートでは、ブレインテックの最新動向と活用について考察した。

脳科学の知見とテクノロジーを組み合わせた「ブレインテック」が注目されている。
ブレインテックとは、認知状態や感覚体験などの活動をfMRI(*1)やEEG(*2)などの専用装置で計測し、それらの結果を用いて、デコーディング(*3)やニューロフィードバック(*4)、BMI(*5)に応用する技術である。ブレインテックに関連した取り組みとして、 脳の仕組みを参考にコンピューター開発に生かす、ニューロモルフィックコンピューティングと呼ばれる技術がある。 ブレインテックは医療やヘルスケア領域での取り組みが先行している が、 マーケティングや教育など、多方面での活用が期待されている。一方で、ブレインテックには脳活動データの収集や再現性が困難である、セキュリティー・プライバシー・倫理面での慎重な考慮が必要といったさまざまな課題が存在している 。
また、脳の計測方法は、侵襲型(*6)と非侵襲型(*7)の2種類がある。ブレインテックでの活用にあたっては、侵襲型では、身体負担が大きい、日常的に利用できないなどの課題により、医療用途での活用が中心となる。
ブレインテックの活用・普及に向けては、デバイスの安全性などに関するガイドラインの整備や標準化や日常利用できるような非侵襲型の脳計測デバイスの精度向上やメンテナンス性が重要である。

(*1)functional Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴機能画像法)の略。脳血流の酸素飽和度の変化から、活動している脳部位を可視化する方法。脳深部までデータを取得できる。
(*2)Electroencephalography (脳波)の略。数百万個単位の神経細胞の活動を反映した電位変化(脳波の変化)を頭皮上で記録する方法。認知や情動など研究例が豊富なため、さまざまな指標・分析手法が存在する。
(*3)脳活動から、本来は本人にしか知ることができない主観的な意識や知覚を解読する技術。
(*4)脳活動をリアルタイムにモニタリングしながら、脳活動を自己制御する技術。
(*5)Brain Machine Interfaceの略。推定した情報(意図・状態など)に合わせた行動支援・機器制御を行う技術。
(*6)手術を行い、身体に直接電極を埋め込んで脳活動を取得する方法。
(*7)手術を行わずに身体の外部から脳活動を取得する方法。

ブレインテックの最新動向2022


経営コラム
経営コラム一覧
オピニオン
日本総研ニュースレター
カテゴリー別

業務別

産業別

レポートに関する
お問い合わせ