コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

講演・セミナー

「家事の未来」:東京大学i.school 2016年度スペシャルワークショップ


【概要】
ワークショップ名
東京大学i.school 2016年度スペシャルワークショップ
実施テーマ 「家事の未来」
日時 2017年2月18日(土)~19日(日)
場所
東京大学工学部11号館4F<i.schoolスタジオ>
講演者 粟田恵吾石野幹生、市岡敦子

【内容】

 東京大学のイノベーション教育プログラムi.schoolにおいて、日本総研未来デザイン・ラボ主催で未来洞察ワークショップを実施しました。i.schoolでは、論理的思考と創造的思考を駆使する創造的効果が高い手法として、未来洞察のワークショップをほぼ毎年実施しています。
 今回のワークショップのテーマは「家事の未来」。男女共同参画の進展や核家族化、IoT機器の導入、働き方の変化など、家事を取り巻く社会環境や技術は近年、大きな変化の途上にあります。その中で家事はどのように変わって行くのか、我々が提供している「未来洞察」の手法を通して、参加者の皆さんに探ってもらいました。 参加者は、i.school通年生・パイロット生、スポンサー企業の社会人、(*1)EDGEプログラム経験者。年齢もバックグラウンドも異なる9名に参加いただき、2チームに分かれて議論を深めました。
 2日と短い時間でしたが、家事代行・家事ロボットの新しいサービスアイデアから、未来の家事概念のあり方まで、様々な家事の未来を洞察することが出来ました。 イノベーション教育プログラムのi.schoolらしく、両チームともにスキット(寸劇)形式で、活き活きとアイデアを発表してくれました。
[参考:東京大学i.school]

(講演の様子)


(*1)EDGE program(エッジ・プログラム:Enhancing Development of Global Entrepreneur Program、グローバルアントレプレナー育成促進事業)。文部科学省が、日本におけるイノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的として2014年より実施しているプログラム。i.schoolは東京大学におけるEDGEprogram実施部局の一つ。
以上
未来デザイン・ラボ
未来デザイン・ラボ
理念
サービスおよびネットワーク
検討プロセス
アプリケーションと事例紹介
未来洞察コラム
講演・セミナー

サービスに関する
お問い合わせ