コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

セミナー・イベント

日本総研では、ビジネスに役立つセミナー・イベントを定期的に開催しています。

セミナー・イベント情報

国に依存できない時代の
地域・雇用・社会保障
~自治体・企業・個人は何をすべきか~

わが国では少子高齢化とともに家族形態や働き方の多様化が進行しており、地域運営や雇用、社会保障の仕組みが機能不全に陥っています。このままでは貧困層の増加や、生活不安に起因する消費不振など、わが国経済へ悪影響が及ぶことが懸念されます。さらに、現状の税・財政・社会保障制度を維持すれば、いずれは財政破綻によって国民生活・企業活動が甚大な打撃を受ける恐れも否定できません。
こうした認識に基づき、今般、日本総合研究所では、「国に依存できない時代の地域・雇用・社会保障~自治体・企業・個人は何をすべきか~」をテーマにシンポジウムを開催致します。国民生活水準の維持と経済の持続的成長を可能にする社会保障や雇用のあり方、地域の役割について、この問題に詳しい有識者とともに議論を展開してまいります。

日時
2018年02月02日(金)14:00~17:30
場所
経団連会館 国際会議場
千代田区大手町1-3-2 詳しくは上記「開催要項」をご覧ください。
講師
パネリスト
 NPO法人地域ケア政策ネットワーク 代表理事、前・内閣官房 地方創生総括官 山崎史郎 氏
 大分県杵築市長 永松悟 氏
 株式会社Waris ワークアゲイン事業プロデューサー 小崎亜依子 氏
 株式会社高齢社 代表取締役社長 緒形憲 氏
モデレータ
 日本総合研究所 理事 山田久
問題提起
 NPO法人地域ケア政策ネットワーク 代表理事、前・内閣官房 地方創生総括官 山崎史郎 氏
 日本総合研究所 調査部長 牧田健
参加費
無料

「SIBセミナー: ヘルスケア分野等の社会的課題解決に向けた ソーシャル・インパクト・ボンド導入可能性について」 主催:経済産業省、共催:厚生労働省 参加者募集

 現在、地方公共団体が抱える社会的課題を解決する新たな官民連携手法として「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」に対する関心が高まっています。
 経済産業省及び厚生労働省では、社会的課題解決の有効な手段としてSIBの導入を推進しており、実証事業や事業化支援を行っています。経済産業省では、昨年度、神戸市、八王子市においてSIB事業の案件形成を支援し、今年度からそれぞれSIBを活用した「糖尿病性腎症重症化予防事業」、「大腸がん検診・精密検査受診率向上事業」が行われています。また、厚生労働省では、今年度、「保健福祉分野における民間活力を活用した社会的事業の開発・普及のための環境整備事業」により10事業を採択し、モデル事業を実施しています。

 本セミナーでは、第1部にて、経済産業省及び厚生労働省のSIBへの期待や今後の取組みの方向性を報告いたします。
 第2部では、パネルディスカッションにて、地方公共団体におけるSIB導入の意義、効果・課題、案件組成団体における案件組成に必要な視点や工夫、サービス提供者におけるSIB事業に参画することの意義、効果について議論を展開してまいります。
 SIBに興味関心のある地方公共団体の方、事業者の皆様、奮ってご参加くださいますようお願い致します。

日時
2018年02月22日(木)13:30~16:00
場所
日本財団ビル 2階大会議室  住所:東京都港区赤坂1-2-2 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分 東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分 東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前」3番出口より徒歩5分
講師
参加費
無料

過去のセミナー・イベント情報

開催年を選択してください。

2017年