ホーム> 会社情報> 事業内容> システム開発部門

システム開発部門

日本総合研究所では、三井住友銀行、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、セディナなどSMFG各社に対して、様々なITソリューションを提供しております。
IT戦略の立案からITソリューションの企画、開発、運用まで全てのIT業務を一体となって支援し、大規模で安定的なシステムの稼動を実現することをミッションとして活動しています。

SMFG向け金融フィールド

三井住友銀行のIT戦略パートナーとしてのJRI

三井住友銀行の金融システムの企画から開発、運用まで全てのIT業務のパートナーとなっているのが日本総合研究所です。三井住友銀行の新しい金融業務やサービスに対応すべく、単なる開発・運用の請負という立場ではなく、企画の段階から三井住友銀行と一体となって、常に新しいことに取り組んでいます。国内の金融システムはもちろんのこと、国際系の金融業務や、三井住友フィナンシャルグループのインフラシステムを支えています。
また、銀行のシステムは公共性が高く、社会的影響力が強いため、長期間の安定的な稼動や高度なセキュリティ機能といった最高品質の技術が要求されます。金融業務に精通し、大規模で安定的なシステムの稼動を実現します。

三井住友フィナンシャルグループ各社に事業価値向上に資する金融システムソリューションを提供

三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)には、三井住友銀行以外にも三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、セディナなどの金融業務を手がける企業が存在します。これら各社に対して常に新しい価値を、ITソリューションを通じて提供し続けるのが私たち日本総合研究所の重要なミッションのひとつです。各社の事業価値の向上のため、更にはその先にいる顧客の満足度向上のためにITを使って何ができるのかを、これらの会社と共に考え、ITを活用した具体的なサービスとして具現化し続けています。
このようなグループ各社の大規模なシステムを支えているノウハウは、非常に価値のある経営資源です。この経営資源を増大、活用することで今後もSMFGの金融事業会社を支え続けていくと同時に、様々なお客様の金融システムソリューションニーズにも対応していきます。

事例紹介

日本総合研究所には、システム開発における業務で金融・販売・物流・官公庁といったあらゆる業種・業界において業務導入経験があり、それら一部の事例をご紹介します。