コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

会社情報

ITソリューション

日本有数の金融機関である、三井住友フィナンシャルグループ各社の最先端のシステムを支え続けています。

24時間365日、止まることが許されない金融機関の基幹業務システム。重要な社会インフラとして機能する金融機関のシステムを支えるためには、システム自体の高信頼性と耐障害性はもとより、万が一の障害発生時に影響を最小限に食い止める高度な機能、そして万全のサポート体制が不可欠です。日本総研のシステムインテグレーションでは、日本有数の金融機関である三井住友フィナンシャルグループ各社の基幹業務システムを長年に渡って安定的に開発・運用し、信頼に応えてきました。

また、長年の実績により蓄積された、金融業務と情報技術についての膨大なノウハウをベースに、最先端の情報技術によるシステム開発にも積極的に取り組んでおり、金融機関のサービスに高度かつ新たな付加価値を数多く生み出すことに貢献しています。

日本総研は、より高度で安定的な金融サービスを提供していくというお客様の期待に応えるべく、これからも進化を続け、ITパートナーとしての実力をより強力なものとしてまいります。

三井住友フィナンシャルグループ向け金融フィールド

三井住友銀行

ミッションクリティカルで社会インフラともなっている重要なシステムを支えつつ、新技術の採用やR&Dを積極的に展開し、銀行およびその利用者の方々の利便性向上に貢献しています。
例えば、海外との輸出入取引をされているお客様へのサービス強化を目的に、インターネットを活用した最先端の外国為替先物予約取引(為替予約)サービス「i-Deal(アイ・ディール)」を提供。双方の事務の合理化を図ることができました。
また、三井住友銀行の主要チャネルであるSMBCダイレクトにおいては、残高照会や振込をはじめ、住宅ローンの繰り上げ返済など、多くの機能を備えるとともに、利用者目線での使いやすさ、高セキュリティーの実現に向け、日々進化を続けています。

銀行ビジネスの多様化に伴い、システム領域が拡大するなか、高度化・複雑化する金融サービスを最新のIT技術を駆使してシステム面からバックアップしていきます。

三井住友カード

三井住友カードのシステム全般を構築。利用者の視点から便利で使いやすいサービスを実現することを目的に、パソコンはもちろん、スマートフォンや携帯電話を使っていつでもどこでもサービスを利用できる「Vpass」を開発しています。高セキュリティーかつ安定したシステム運用を基盤とすることで、現在では国内最大規模のクレジットカードサイトへと成長しています。

セディナ

平成21年4月、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの3社合併により誕生した信販・カード業界大手のセディナ。三井住友フィナンシャルグループの一員として、グループの信販・カード事業戦略の一層のスピードアップと着実な推進の一翼を担っています。

同社の前身である、クオークの基幹システム開発を主導してきた日本総研は、信販システム等の開発においても主要な役割を担い、競争力強化に貢献しています。

三井住友ファイナンス&リース

リース業界をリードする三井住友ファイナンス&リース。その基幹システムの全体構成から、会計基準変更、法改正などの保守開発まで、システムに関するあらゆる分野で、日本総研は全面的な支援を行ってきました。
また、高度な機能を備えたシステムを関連リース会社へ展開させており、グループ連携の基盤となっています。変化を続けるリース業界の中で多様化・高度化するユーザーニーズに応えながら、高度なセキュリティーや品質を追求する金融システムづくりを進めています。

事例紹介

システム開発プロジェクトの一部をご紹介します。

会社情報
社長メッセージ

会社概要

事業内容

日本総研グループ
ニュースリリース

国内拠点

海外拠点
環境への取り組み
次世代育成支援
メディア掲載・書籍
インターンシップ

会社情報に関する
お問い合わせ