ホーム> 研究員紹介> 渡辺 康英

リサーチ・コンサルティング部門
シニアマネジャー

渡辺 康英

Yasuhide Watanabe

研究・専門分野

総合計画、地域公共交通、市町村合併、行政評価、指定管理者制度

注力テーマ

総合計画、地域公共交通

所属学会

日本デザイン学会

経歴

1981年03月 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1981年04月 ㈱東京ランドスケープ研究所入社(主に公園・河川環境貴計画に従事)
1986年03月 東京芸術大学美術学部デザイン科修士課程修了(環境造形デザイン)
1986年04月 ㈱日本能率協会総合研究所入社(主に街づくり・河川環境計画に従事)
1991年09月 ㈱さくら総合研究所入社(主に地域振興計画に従事)
2001年12月 ㈱日本総合研究所に統合(主に総合計画、地域公共交通、市町村合併、行政評価等の自治体向けコンサルティングに従事)


活動実績

プロジェクト

・総合計画:行政評価と連動した総合計画、住民参加による総合計画の策定を支援(実績多数)
・地域公共交通:コミュニティバスやデマンド型乗合タクシーの運行計画を立案(西東京、神栖市等)
・市町村合併:ワークショップ等の住民参加による新市建設計画を立案(伊勢崎市、掛川市等)
・行政評価:簡素で職員負担が軽い評価システム導入や第三者評価を支援(高根沢町、芳賀町等)
・指定管理制度:斎場、葬祭施設の指定管理者導入や管理運営の評価を支援(千葉市、川崎市等)

執筆論文・記事


「地方自治体における指定管理者の選び方の心得」-審査項目について
2007年9月号/月刊指定管理者制度

その他活動実績

・火葬場指定管理者セミナー(日本環境斎苑協会主催 2008年度、2009年度)
・指定管理者制度に関する勉強会(財団法人 鴻巣市施設管理公社 2005年度)


政府委員、外部活動等

  • ・施設指定管理予定者選定等委員会(2009年度~ 川崎市)
  • ・千代田万世会館(葬祭施設)指定管理者制度導入選考委員長(2005年度 千代田区)

コメント

現在、公共交通空白地域の解消に向けて、タクシーの閑散時間帯を活用した移動サービスの仕組みを検討中です。自治体負担に依存しない仕組みです。限られた調査予算、検討期間であっても、問題を抱え込まず、お気軽にご相談ください。


研究員のコラム・レポート

2008年04月28日
2006年07月31日
2005年03月28日
2003年02月10日