ホーム> サービス紹介> 業務別> 業務改革・BPR・SCM> 生産革新

生産革新

コストダウン・収益性向上に直結する生産改革

従来以上のローコストオペレーションを実現するために、生産改革の支援を行います。具体的には、生産管理改革、工場レイアウト再設計、VE(バリューエンジニアリング)、品質改善等を通して、収益力向上を実現させます。
日本総研では、(1)経営陣と一体となって、(2)工場部門だけでなく、営業など他部門を巻き込んだ部門横断のプロジェクト体制を構築して、効果的な解決策の策定を行い、実現に導きます。(3)また、ローコストオペレーションが継続できる組織能力の向上を実現させます。

主要サービス

生産管理改革

 これまで以上のローコストオペレーション(在庫削減、人時生産性向上等)を実現するためには、生産管理、生産計画の改善に加えて、上流部門の営業、設計、調達部門を巻き込んで改革を行う必要があります。他部門を巻き込みながら、ローコストオペレーション実現に向けた取り組みを日本総研の方法論を用いて行います。

    お問い合わせ

    関連コラム・レポート