コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

セミナー・イベント

京都大学主催シンポジウム 岐路に立つ我が国のIT人材育成 -大学と産業界が協働して創る新たな教育の方向-

印刷プレビュー

概要

AI・IoT 等のテクノロジーの進化に伴いデジタル化が急激に進むとともに、「Society5.0」に向けての動きがますます加速しています。
一方、こうした変化に対応する人材は圧倒的に不足しています。
本シンポジウムでは、大学と産業界が協働して創る新たなIT 教育の方向について、産・官・学から有識者をお招きし、様々な視点から議論を深めて参ります。

詳細

日時
2019年02月27日14時00分~16時30分(13時30分開場)
場所
JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4階)東京駅徒歩1分
講師
ご挨拶
阿曽沼 慎司 京都大学 理事 

来賓ご挨拶
小幡 泰弘 文部科学省 高等教育局 専門教育課長

基調講演①「産業界からみたIT人材育成について」
渕崎 正弘 株式会社日本総合研究所 代表取締役社長 

基調講演②-1「大学教育におけるIT 教育の取組」
田中 克己 京都大学大学院情報学研究科 名誉教授 

基調講演②-2「産学連携によるIT人材育成」
山本 章博 京都大学大学院情報学研究科 教授 兼 高度情報教育基盤ユニット ユニット長

パネルディスカッション
【進  行】

若林 靖永 京都大学大学院 経営管理研究部 教授 

【パネリスト】
柳川 範之 東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授 
迫田 雷蔵 株式会社日立総合経営研修所 取締役社長 兼 株式会社日立製作所 グローバル人財開発部長 
稲葉  茂 東京海上日動火災保険株式会社 常務取締役

閉会にあたって
中村 佳正 京都大学大学院情報学研究科 研究科長・教授 

参加費
無料
◆お申込みはこちらから◆
定員
300名