ホーム> 研究員紹介> 大島 裕司

リサーチ・コンサルティング部門
マネジャー

大島 裕司

Yuji Ohshima

研究・専門分野

環境問題全般(山林問題、エネルギー・地球温暖化問題他)

注力テーマ

企業・地域等の環境経営、環境力向上支援等

資格

測量士
技術士補
環境社会検定試験合格

経歴

1998年03月 宇都宮大学農学部農業環境工学科卒業
1998年04月 アジア航測株式会社入社
2006年12月 株式会社日本総合研究所入社 現在に至る


活動実績

プロジェクト

【公的機関等の調査等支援】
・外食産業界における環境配慮経営に向けた普及啓発等に関する事業(官公庁)
・環境ビジネスに関する市場動向調査(官公庁)
・環境配慮型のロジスティクスのあり方に関する調査(社団法人)
【民間企業の調査・コンサルティング】
・環境ビジネス市場に関する調査(大手製造業、大手プラントメーカー)
・企業環境方針等コンサルティング(大手商社)
・社内環境教育推進に関するコンサルティング(大手商社)

その他活動実績

【セミナー等、情報発信】
・シンポジウム「割り箸からの挑戦」(日本総合研究所主催 2007年11月)
・シンポジウム「『割り箸』リサイクルから考える循環型社会の共創」(日本総合研究所主催(農林水産省補助事業) 2008年6月)
【マスメディア対応】
・毎日新聞(鳥取版)「鳥取県庁が始める『マイ箸運動』」に対してのコメント(2008年1月5日)
・北海道新聞「マイはし 割りばし どちらを選ぼう?」に対してのコメント(2009年4月3日)


政府委員、外部活動等

  • 日本環境財団ゼミナール講師(2007年2月)
  • エコテック 国際自然エネルギー共育プロジェクト専門家会議テクニカルアドバイザー(2007年度)
  • 国立大学法人宇都宮大学地域環境モデレーター養成セミナー講師(2008年度、2009年度)、地域環境モデレーター養成セミナー成果発表会審査委員(2008年度)

コメント

間伐材利用の促進あるいは生物多様性保全等、多角的な視点から山林問題について調査・研究を進めております。


研究員のコラム・レポート

2018年05月22日
2017年11月01日
2007年12月10日