コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

研究員紹介

創発戦略センター
マネジャー

村上 芽

Megumu Murakami

研究・専門分野

・企業のESG(環境・社会・ガバナンス)評価
・環境と金融

注力テーマ

・気候変動リスクと金融
・子どもの参加

資格

社団法人日本証券アナリスト協会 検定会員

経歴

京都大学法学部卒業。日本興業銀行、みずほコーポレート銀行プロジェクトファイナンス部を経て、2003年、株式会社日本総合研究所入社。
2010年より創発戦略センター所属(大阪・土佐堀オフィス勤務)。2回の育児休業を挟む。


活動実績

プロジェクト

・国内株式ESG投資型運用のための企業のESG側面の取組み調査業務
・環境配慮評価型資金調達における企業の環境取組み調査(三井住友銀行)
・サステイナビリティ評価型資金調達における企業のESG側面の取組み調査(三井住友銀行)
・なでしこ資金調達における企業の女性活躍推進取組み調査(三井住友銀行)
・企業のグローバル展開とCSRに関する調査研究(一般財団法人企業活力研究所、2014)
・企業の社会的責任に関する国際規格の適切な活用のあり方についての調査研究(一般財団法人企業活力研究所、2013)
・地球環境を始めとする非財務情報に係る国際的な企業評価基準に関する調査(経済産業省、2013)
・環境金融普及促進調査(環境省、2007・2008)
・気候変動リスクによる企業の財務的影響に関する調査(環境省、2008)
・気候変動リスクが業界に与える影響に関する研究(業界団体、2008)

書籍

進化する金融機関の環境リスク戦略(共著)
2011年/金融財政事情研究会

グリーン・ニューディール これから起こる変化・伸びるビジネス(共著)
2009年/近代セールス社

地球温暖化で伸びるビジネス(共著)
2008年/東洋経済新報社

自然エネルギー市場(共著)
2005年/築地書館

執筆論文・記事


【私見卓見】ESG投資が気候変動対策に
2017年5月12日/日本経済新聞

商品とサービスと子どもの最善の利益
2016年1月/園と家庭をむすぶ げんき No.153

グローバル経営とCSR 積極的な価値の発信が「日本流」を活かす
2015年11月/日経エコロジー 2015年11月号

金融機関に求められるCSR~エネルギーファイナンスと地球温暖化
2006年/近代セールス No.1002、No.1003

「税果」を求めて VFMから考えるPFIと金融機関の役割
2007年4月/金融ジャーナル 2007年4月号


政府委員、外部活動等

  • 内閣府「政府調達苦情検討委員会」専門委員(2008年4月~2016年10月)

コメント

「企業評価へのESGの反映を通じ、持続可能な経済活動を促進」することに、チーム一同取り組んでいます。


研究員のコラム・レポート

2017年03月28日
2017年01月25日
2017年01月04日
2016年10月31日
2016年05月17日
2016年01月26日
2015年10月13日
2015年10月05日
2015年10月02日
2015年10月01日
研究員紹介

五十音からさがす

部門からさがす