ホーム> 研究員紹介> 小松 啓吾

リサーチ・コンサルティング部門
シニアマネジャー

小松 啓吾

Keigo KOMATSU

研究・専門分野

・PFI/PPPに関するアドバイザリーサービス、コンサルティング
・PRE(公的不動産)戦略に関するコンサルティング
・都市開発及び地域振興に関するコンサルティング

注力テーマ

【都市・地域経営戦略グループ所属】
PFI/PPP、PRE戦略、都市開発、地域振興

資格

不動産鑑定士
宅地建物取引主任

所属学会

日本都市計画学会

経歴

1999年03月 東京工業大学大学院 情報理工学研究科 修士課程修了
1999年04月 (株)日本総合研究所 研究事業本部
2008年04月 同 総合研究部門 地域経営戦略グループ 資産戦略チームリーダー
2010年04月 同 総合研究部門 社会・産業デザイン事業部 社会基盤イノベーショングループ
現在に至る


活動実績

プロジェクト

【PPP/PFI関連】
・PFI手法による東京国際空港国際線ターミナル、エプロン等整備運営事業アドバイザリー(国土交通省)
【PRE戦略関連】
・公的不動産の合理的な所有・利用に関する検討調査業務(国土交通省)
【市町村合併・地域振興関連】
5市1町の合併に関する調査研究(埼玉県東南部都市連絡調整会議)

書籍

自治体不動産の有効活用 -PRE戦略の基本と実践-(共著)
2009年/学陽書房

執筆論文・記事


【2030年 次世代の都市づくりと官民連携②】
地方都市における計画的な縮退戦略と都市機能の集約化を
2014年2月17日/時事通信社

財政健全化のための自治体経営(中) -PRE戦略の意義と基本プロセス-
2008年11月/地方行政

PPP(官民パートナーシップ)の視点でみる自治体版CRE戦略の展開(2) -公的資産マネジメントは官から民へ-
2008年3月/Vital Solution News(日土地グループ情報誌)

PPP/PFIの流れで見る指定管理者制度
2004年10月/環境パートナーシップオフィス機関紙

【検証】どうなる合併の現実!
2001年8月/ガバナンス

市町村合併の現状とその意義
2001年6月/地銀協月報

市町村合併の推進に向けて -合併協議会の活動状況にかかわる問題点と対策-
2001年2月/Japan Research Review

市町村合併の実態と今後の推進に向けた提言
2000年2月/Japan Research Review

その他活動実績

「CRE・PRE戦略マネジメント研修会」(日本不動産カウンセラー協会、2008年)
「PRE戦略マネジメント研修会」(日本不動産カウンセラー協会、2009年)
「不動産戦略アドバイザー認定研修会」(日本不動産カウンセラー協会、2010年)


コメント

主に「都市」や「不動産」を切り口としつつ、幅広い分野でリサーチ・コンサルティング活動を展開しています。新しいテーマや課題に対しても、自分の得意・不得意にかかわらず、お客様と一緒に悩み、考え抜いて、解決策を導き出すことを心がけています。


研究員のコラム・レポート

2011年04月01日
2008年01月11日
2007年02月26日
2005年06月20日
2003年12月22日
2003年12月08日
2002年07月29日
2002年03月11日
2001年12月24日
2001年01月25日