コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

研究員紹介

創発戦略センター
スペシャリスト

黒田 一賢

Kazutaka Kuroda

研究・専門分野

環境・社会・ガバナンス(ESG)観点からの企業評価
コーポレートガバナンスとサステナビリティ

資格

・社団法人日本証券アナリスト協会 検定会員
・Independent Research in Responsible Investment Survey 2012 (独立系調査機関所属ESGアナリストランキング)においてSRI調査、コーポレートガバナンス調査それぞれで世界4位

所属学会

・NPO法人 日本サステナブル投資フォーラム 運営委員

経歴

2003年 青山学院大学経済学部卒業
2003年 岡三証券株式会社入社
2007年 英EIRIS(ESG調査機関)入社
2008年 英国大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(環境政策・規制修士コース)修了
2015年 英Climate Bonds Initiative(グリーンボンド調査機関)入社 
2015年 株式会社日本総合研究所入社、創発戦略センター、ESGリサーチセンター所属
2016年 NPO法人 日本サステナブル投資フォーラム 運営委員
2017年 青山学院大学非常勤講師


活動実績

プロジェクト

・ESG投資のための企業評価業務
・評価融資における企業のESG側面の評価・分析

書籍

葛藤するコーポレートガバナンス改革(共編著)
2017年10月31日/一般社団法人金融財政事情研究会

執筆論文・記事


企業を強くする変革を 「日本型経営」の課題
2017年10月号/日経エコロジー

最近ESG投資が注目される理由とは
環境ビジネス2017年秋号/日本ビジネス出版

【ESG投資の最新動向④】取締役会の実効性に海外投資家が注目
2017年9月24日/日経ヴェリタス

【ESG投資の最新動向③】持続可能な開発には本業通じた解決が必要
2017年9月17日/日経ヴェリタス

【ESG投資の最新動向②】環境問題など解決へ 専用の債券市場拡大
2017年9月10日/日経ヴェリタス

【ESG投資の最新動向①】機関投資家が推進姿勢 国は普及へ環境整備
2017年9月3日/日経ヴェリタス

Japan's Financial Services Agency has revised the Stewardship Code: A look at the highlights
2017年8月1日/Responsible Investor

Auditing the auditors
2017年4月4日/ESG Magazine

地域から支持される金融機関に 潜在的なグリーンボンド投資
2017年2月20日/Kyodo Weekly

拡大するグリーンボンド発行額 地方金融機関が積極投資
2017年2月6日/Kyodo Weekly

Are executive remuneration levels in Japanese companies fair?
2016年12月20日/Responsible Investor

Are Japanese companies getting executive incentives right, and how would investors know?
2016年10月19日/Responsible Investor

Concerns over director appointments by Japan's founding families
2016年8月12日/Responsible Investor

Governance lip service?
2016年6月27日/ESG Magazine

Japan’s METI-led ‘sustainable value creation’ investment push
2016年5月27日/Responsible Investor


研究員のコラム・レポート

2017年08月22日
2017年03月01日
2016年10月31日
2016年10月11日
2016年06月28日
研究員紹介

五十音からさがす

部門からさがす